悪習慣と言っても、何が悪習慣かわからない方もいることでしょう。悪習慣によって、顔のゆがみが生じてきてしまいます。無意識にやっている習慣が、実は顔のバランスを崩していることだってあります。頬杖とは、片方の手に顔をつけて重い頭を支える動作になりますが、リラックスしている時などに殆どの方はされたことがあるでしょう。けれど、何気なく無意識でやっている頬杖は、骨に不必要な圧をかけてしまいます。そして、顔の骨格などを変形させて、アンバランスなゆがみができあがってしまいます。普段足を組む習慣がある方は、骨盤がすでに歪んで体そのもののバランスがおかしくなっている可能性もあります。右足を上にして組むといった、左右のどちらかにいつも組んでいる場合は、ゆがみは大きなものになっていることでしょう。体がゆがんでくると、崩れたバランスを正そうと不自然に筋肉がついてしまい、顔のゆがみにも響いてくるでしょう。

気付かない内に顔のゆがみは起きています

顔のゆがみは嫌でしょうが、顔がゆがんでいくのには悪習慣が関わっているというのは御存知でしょうか。つい無意識でやってしまうあの行動が、実は顔のバランスを悪くしていたりします。頬杖は、重い頭を、手のひらを顔につけ支えるという動作になりますが、ボーッと考えごとをしている時など、何となしにやっている方は非常に多いのではないでしょうか。しかし、この何でもない動作が骨に必要以上に力を与えてしまいます。そして、顔の骨などの形を変えてしまい、アンバランスな顔を生じてしまいます。また、足をよく組むという方は、骨盤がゆがんで体中のバランスが失われている可能性が出てきます。右足を上にして組むという、左右いつも決まった方にしか組まないのであれば、さらにゆがみは進んでいるのかもしれません。体のゆがみが起きると、バランスを取ろうと筋肉が変わったつき方をしてしまい、顔のゆがみにも影響が出てきてしまいます。

頬杖や足を組むことによる顔のゆがみ

意識せずとも、ついついやってしまう動作ってありますよね。しかし、場合によってはそれが顔のゆがみを起こしてしまいます。頬杖は顔にピタッと手をつける仕草になりますが、考えごとをしたり落ち着いている時など、よく行う方もいるのではないでしょうか。しかし、極普通な動作と思われがちな頬杖ですが、骨に不必要な力を与えてしまいます。そして顔の骨格の形を変え、バランスの悪い顔が徐々に作られていくでしょう。他には、足を頻繁に組むという方は、骨盤のゆがみから体中のバランスが失われる所までいってしまうケースもあります。右の足を上にし組むという、片方の足で毎回組む癖があるならば、ゆがみはますます考えなければならないものでしょう。体のゆがみによってバランスを取ろうと筋肉に違和感を生じ、顔のゆがみにも結びついてくるでしょう。