顔のゆがみには悪習慣が影響しています。もしかしたら癖になっているあの習慣が、顔のバランスを崩しているのかもしれません。頬杖をついてしまうことはないでしょうか。片方の手の上に顔を乗せて重い頭を支える頬杖は、リラックスをしたり考えごとをしたりする際に、誰もが無意識でやってしまっている動作でしょう。けれど、この何となしにやっている習慣が、骨に不自然な圧を与えてしまいます。そして、顔の骨格や骨の形を変えてしまい、左右バランスの悪い歪みが出てきてしまいます。左手で頬杖をつくのが癖という場合は、鏡で顔をよく眺めてみて下さい。右方向へ顎や頬が歪んでいる可能性が高いです。それと、いつも同じ足の組み方をしている方も注意が必要です。足を組むという習慣がある方は、骨盤がすでに歪んで、体全体のバランスが失われている可能性が高いです。右の足を上に組んでいるなど、左右のどちらかに偏った癖があるならば、歪みはさらに重度のものになっているかもしれません。体の歪みにより、バランスを取るのに変に筋肉が鍛えられてしまい、顔の歪みにも影響が出てきてしまいます。

日頃の習慣からの顔のゆがみ

顔のゆがみは悪習慣が関係しています。ついついやってしまうあの習慣が、実は顔のバランスに響いているのかもしれません。頬杖ですが、顔を片方の手の上に乗せて頭の重みを支えますが、リラックスしたり何か考えごとをしている時など、結構多くの方が無意識にやっていることでしょう。しかし、この何気なくやっている習慣が、骨に意外と圧をかけています。そして、顔の骨や骨格の形を変え、左右バランス悪くなってしまいます。左手で頬杖をついてしまうということが習慣となっている場合、鏡で顔をチェックされてみて下さい。おそらく、右方向へ顎や頬が歪んでいることでしょう。そして足ですが、まず足を組むのが習慣となっている方は、早くも骨盤に歪みが生じて体の大部分のバランスが悪くなっている可能性が大いにあります。右足を上にして組むなど、左右のどちらかでやってしまう癖があるのであれば、ゆがみは思っている以上に進んでいるかもしれません。体のゆがみによりバランスを取ろうと、筋肉のつき方がおかしくなってしまい、顔の歪みにも繋がっていきます。

顔のゆがみを直す為には習慣を見つめ直しましょう

顔のゆがみは気になりますよね。もしかしたら癖になってしまっているあの習慣が、顔のゆがみを作っているのかもしれません。一方の手に顔をつけて重い頭を支える頬杖は、考えごとする時などにやっている方は多いことでしょう。しかし、この何のへんてつもない習慣が骨に自然でない圧が加わってしまいます。そして、顔の骨や骨格などを変形させて、左右バランスの悪い顔を作り上げてしまいます。そして、足を組む癖がある方は、骨盤にすでにゆがみが生じて体全体のバランスが取れていない状態となっています。右の足を上にして組むといった、どちらかの足へと偏った癖がある場合、歪みはより深刻なものになっているでしょう。体にゆがみが生じてしまうと、バランスを取ろうと筋肉が無意味についてしまうので、結局は顔のゆがみにも影響が出てきてしまいます。