顔のゆがみは、片方の歯で物を噛んでしまう、かみしめる癖がある、頬杖をついてしまう、いつも片側を横にして寝ている、歯並びが悪いという事が原因です。顔がゆがんでいないかチェックするには、目鼻、口角の高さが左右対称かを見てみます。ゆがみを直すマッサージは、あごは、コットンを左右の奥歯に入れて右から左そして両方と順番に強く噛んでいきます。次に左右のこめかみを抑えながら口を大きく開ける事を10回行いますが、顎関節症の場合には開きすぎは注意が必要です。次に口をイの形にして横で開きながら左右20回移動させます。顔のマッサージは、左右どりたかのふくらんでいる・ひっこめたい方の頬骨に手を置き、もう片方の手で反対側の耳の上に手を置いて顔の中心に20秒ほどゆっくりと押していきます。その際にはまっすぐ前に向いた状態を保ちます。次に両手で目尻から頬骨に少し下に指を置いて軽く押しながら30秒ほどぐるぐると回します。首を左右に回して回りにくい方を限界までまわして停止させ、頭を左右に15回ほど倒します。

日頃の習慣で顔のゆがみを治す

長い時間を掛けてできてしまった顔のゆがみを治すための習慣ですが、鼻呼吸をする方法です。口を開けて・閉じる動作を繰り返し、口の周りに加わる力を感じ、頬や口角、アゴの下などの筋肉がきゅっとします。口を閉じて鼻呼吸をする習慣をするだけでも口が開いた時よりも口の周りの筋肉を使う機会が増えて、顔が引き締まって顎がブラブラ揺れるのを防いでくれるだけでなく、口腔内の細菌などの侵入を防げる様になって健康面もよくなります。頬づえも顔に負荷をするのでよくないのですが、片方よりは両手で包み込むように支えて顔の左右を同じようにするとゆがみ対策をする事ができます。頬づえの他にも、食べる時に片方だけ、同じ歯でかんでしまうクセがある場合には、反対の歯で同じだけ食べてみた時に違和感を感じた場合には偏りがあるという事になります。歯に虫歯があると、痛くて片方食べれないという事になってしまうので、虫歯の治療だけでなく顔のゆがみも治すために歯医者には早めに行く事が必要です。

顔のゆがみを整体で治せる

顔のゆがみは無い人なんて居ません。始めは歪んでいなくても、段々と歪んできます。顔の歪みを直すのには、整体みたいな所で直す事が出来ます。顔を強く押して歪みを直していきます。もの凄く強く押されるので、涙が出てくる程になるかもしれないです。骨の位置を変えたりするので、移動させる為に痛くなってしまいます。定期的に行っていると、始めほど痛くも無いですので、始めだけ痛いだけですので、安心して下さい。金額は、10万円払いますが、定期的に通うのに1回1回10万円では無くて、何回コースと決まっていて、5回コースで10万円と言う事になります。歪み具合では、コースにしなくても1回で直ると言う人も居ますので、値段が変わってきますので、事前に確認してから予約をした方が良いです。歪みの具合が良くても、定期的に通われた方が良いでしょう。